サラリーマンが魚に夢を見る 〜ベーやんファーム〜

一般のサラリーマンが将来的にブリーダーになるまでの記錄

ベタの繁殖 “メス“ についてちょっと考えてみた

本日は、先日無事に孵化したベタの稚魚について記したいと思います😊

 

今回はおそらく初産だろうと思われるメスでペアリングをしてみました。

 

魚体も尾又長で2.5cmの小さめで綺麗なメスを選びました!

 

これまで、“メスの選び方“としては

 

・体の大きいメス

・お腹の大きいメス(成熟度が高いと判断)

・綺麗なメス

・あまり威嚇しすぎないメス(凶暴ではない・・・。)

 

の4点ほどの条件で選んでいました。

 

しかし、今回は魚体は小さめでもそこそこお腹の張りが良くて通常のフレアリングタイムの時にどうもオス!?産卵行動!?を意識しているのではないかと感じる個体を選んで見たわけです。

 

オスは、もちろん泡巣をバリバリ作り準備万端な個体をチョイスしております😊

 

結果的には、成功しました!!!!

 

ですが、はっきり感じたこともありました🤗

 

やはり、魚体の大きさと産卵する卵の数は比例すると・・・。

 

当然といえば当然なのですが。

 

今回は全部で受精卵が30粒あるかないかくらいでした。

 

ペアリングも産卵行動もいつもの感覚通りで進み、かかった時間も若干短かったかなといった感じでした。

 

ただ、今回が初産だったと思うのでしっかりとケアして2回目のペアリングができればもう一度観察させてもらおうかと思っています😊

 

無事に孵化した稚魚たち⬇️

f:id:hmsuzumk:20200629173256j:plain

f:id:hmsuzumk:20200629173259j:plain

稚魚といえど、油膜!?バクテリアの膜!?はあまり好ましくないので微量のエアレーションは投入しております!!!

 

では、またっ!