サラリーマンが魚に夢を見る 〜ベーやんファーム〜

一般のサラリーマンが将来的にブリーダーになるまでの記錄

人生初の “パワーフィネス“ に挑んでみた

先日、久々に気分転換で山の野池に行ってきました!

 

その野池は風によって部分的にゴミだまり(カバー)ができます😊

 

これまで、テキサスや直リグなどでカバーの下を狙って釣っていたのですが、今回は自分にとっては新たな戦略を立てて狙ってきたので報告したいと思います。

 

今回の戦略は・・・ずばりっ!

 

“パワーフィネスによるカバー攻略“ です!!

 

ん?そんなん当たり前じゃん。って言わないでくださいね。

 

なんせ、今回初めてやってみたのですから🤗

 

なんなら、ブラックバス釣るのに初めてPEセッテイングしたのですから。

 

今回の使用タックルはこちら⬇️

 

ロッド:グラディエーター アンチ パワーノーズ GA−70HS–ST (レイドジャパン)

リール:カルディア LT2500S–XH (ダイワ)

ライン:ピットブル4  1.5号 (シマノ)

リーダー:16ポンド フロロ

ルアー:エグダマ タイプレベル4.5g (レイドジャパン)

トレーラー:エグバグ (レイドジャパン)

 

といった内容です☺️

 

釣果はこちらです⬇️

f:id:hmsuzumk:20200530095945j:plain

手のひらサイズのブルーギルがググっん!と幸先よくバイト!!!

 

人生初のパワーフィネス釣果です😊

 

YouTubeで勉強した通り、水面直下から順番に攻めていく感じでした!

 

すると、水面直下でバイトでした。

 

その後も、エグダマが入りそうな隙間を見つけてはランガン☺️

 

次は、待望のブラックバスでした🐟

f:id:hmsuzumk:20200530095944j:plain

じゃじゃん😊

 

この魚も水面直下でした。ちょっと驚きでした。これまで、カバーを見つければ、テキサスや直リグでボトムまで一気に落として誘っていましたが、今回やってみたカバーに絡めたり、カバーのすぐ下を狙えるパワーフィネスは画期的な戦略だと思いました。

 

そして、PE1.5号と16ポンドのリーダーをスピニングロッドで扱うと言うこれまた凶暴な初体験も感激でした。

 

あまりにも強靭すぎるだろうと思っていたのですが、やってみて思いました。

 

YouTubeのアドバイス通りのセッティングにしておいて良かったと。。。

 

中途半端に細いラインで挑まなくて良かったです。

 

水面直下は確かにラインの太さによる影響ないですね😊

 

となれば、ラインブレイクせずにしっかりと回収できるようにしておく事が最も重要なんだとやってみて思いました。

 

と言うわけで、これはハマりそうな釣り方でしたと言う報告です。

 

では、またっ!