サラリーマンが魚に夢を見る 〜ベーやんファーム〜

一般のサラリーマンが将来的にブリーダーになるまでの記錄

個性続々と”ベタ稚魚”の孵化後65日目

本日は、ベーやんファームにて8月20日孵化したもうひとペアです☺️

 

こちらはハーフムーンプラカット鯉ギャラクシーのペアの子です👇こちらのペアはこれで3回目のペアリングなのですが、相性が良いみたいでいつもバッチリ成功してくれます😁

完全に、ブルー系統の子供が多いです。

 

しかし、前回もありましたが、真っ青だった子がみるみる内に真っ白になり、その後再度ブルーが出てくる子もいたので、これからが非常に楽しみです😊

 

先日、紹介したハーフムーンの大正三色の子たちは完全に赤系統でした。

やはり、親のカラーは影響させるのですね☺️👇

 

生後65日を超えた時点でもすでにワクワクするよな魅力があります😋

ブルーと一言で言っても色々あります。コバルト、ターコイズ、グリーン系😊

私の経験則では現時点で縞模様のある子たちは割とメスである事が多い様な気がします😊

 

全くの予想ですが・・・。

 

あと10日以上経過すると、今度は鰭の大きさに差が出てきます😊

 

成長の早い、オスは特に尾びれが大きくなるのが早いですね‼️

 

65日過ぎでも鰓蓋を広げて威嚇している個体も現れていますが、尾びれが大きくなってきてから選別して単独飼育を開始していきます😆

 

さぁ、今回は大量の稚魚が順調に大きくなってくれているので忙しくなりそうです😁

 

では、またっ‼️