サラリーマンが魚に夢を見る 〜ベーやんファーム〜

一般のサラリーマンが将来的にブリーダーになるまでの記錄

『稚魚が泳ぎ出したらあと1日』オスベタの取り出しのタイミング

こんにちは、先日チャンレンジしたベタ繁殖について記します😊

 

 

今回チャレンジしたのはハーフムーンの大正三色のペアです。

オスがちゃんと受精卵を守ってくれて・・・👍

 

2日後には発眼を確認😁

 

そして、本日10月19日現在です👇

無事に泳ぎ始める個体が出てきました😁

 

ここで、色々と意見や考え方が分かれるのはオスの取り出すタイミングですよね😊

 

ベーやんファームでは、泳ぎ始めた稚魚を確認してからおおよそ1日ほどオスを残しておきます。

 

理由は、意外と稚魚が泳ぎ初めてもお父さんベタが口に加えて安全そうな場所に運んで行ったりする事を目にするからです☺️

 

昔は、とにかく1匹でも多く子供を残したいという欲が勝り、オスの食卵や稚魚を食べてしまう事を警戒してすぐに取り出していました。

 

しかし、タイミングが早すぎると泡巣から落ちた孵化仔魚たちが底から水面に浮上できずに調子を崩したり、ちゃんと泳げる様にならなかったりという経験をしました。

 

なので、仮にオスがチョコチョコと食卵や稚魚を食べちゃっているとしても気にせずにちょっと長めの期間のお世話をお願いする事にしたのです😉

 

そして、やはり見ていると気になってしまうので出来るだけそっとしておいてなるべく見ない事に徹しています☺️

 

これができる様になったのも、一つは慣れもあるのかもしれませんが😑

 

ベタにとってはそっとしておくのが一番ですね👍

 

では、またっ‼️