サラリーマンが魚に夢を見る 〜ベーやんファーム〜

一般のサラリーマンが将来的にブリーダーになるまでの記錄

出張時にはブラインシュリンプの冷凍ストックが役立つ!

ベタの稚魚たちにはブラインシュリンプは必要不可欠です😋

 

本日は、出張で帰ってこれない時や、非常に忙し時などにどうにかしてブラインシュリンプを与える事は出来ないだろうかと思い、ベーやんファームでの方法を紹介しようと思います😊

 

 

稚魚のエサ、大事ですよね。

 

やはり、稚魚が孵化してブラインを食べ始めてから3週間後くらいまではエサを切らす事は死に直結してしまうと考えています😭

 

しかし‼️

 

 ブラインやりたいので、出張いけません・・・はありえませんよね😑

 

なので、どうにかこうにか手を取らないといけません👐

 

そこで‼️

 

一番手っ取り早いのはこれ👇

 

キョーリンさんのクリーンブラインシュリンプ!

 

必要な分だけ水に溶かして好きな量を与えるだけ😁

 

しかも、クリーンだし、ビタミン配合されています😊

 

ただ・・・‼️

 

水に溶かして、スポイトで各水槽に与えるという工程は、ブラインの海水を真水で濾過して与えるのとそこまで大きな時間の差はないのです😑

 

そして、なかなか人にお願いしてやっておいてもらうという事も簡単ではないのです😑

 

各水槽にどのくらい喰わせたらいいのかなど‼️

 

実際に自分で給餌していても給餌量は完全に感覚で決めていますので・・・。

 

 

なので‼️

 

👇👇👇

各水槽ごとに、私の感覚で決めた量のブラインを入れて冷凍にしてみました😊

 

毎日、ブラインは大量に沸かしているのですが、余れば流してしまっているので・・・。

 

出張の前日に翌日の分のブラインを各水槽ごとに冷凍にしてしまえと‼️

 

これなら、人にもお願いしやすいです‼️

 

決められた水槽に決められた冷凍ブラインを入れてもらうだけ👍

 

あとは、何もしてもらわなくてもOKです☺️

 

実際に投入するとこんな感じです👇👇👇

判りにくいですが、当然ブラインは生きていないで動いて移動する事はありません。

 

よって、投入された部分に固まって溶けていきます😁

 

が、やはり嗜好性抜群のブラインを稚魚たちは見つけ出してしっかりと食べてくれます‼️

 

なんだかんだで綺麗に食べてしまいますので、エサを与えれなかったという事態よりははるかにいいと思います😊👍

 

流すくらいならと常にストックしておく事も試しましたが、できる時は生きたブラインを給餌してしまいますので、いつまでも冷凍庫の中で眠ってしまいました・・・。

 

なので、出張が決まっていて給餌を人にお願いしないといけない時に冷凍ストックを作るようにしています😋