サラリーマンが魚に夢を見る 〜ベーやんファーム〜

一般のサラリーマンが将来的にブリーダーになるまでの記錄

初めて熱帯魚飼育で自動給餌器を稼働させてみた

本日は、自動給餌器を実際に稼働してみましたので、その様子を記したいと思います😊

 

現在、自動給餌器設置水槽には0.25mm〜0.45mmの粒径の顆粒の稚魚用飼料を与えていますので、それを餌タンクに入れてあります‼️

 

給餌の設定時間は

8時、11時30分、15時、19時の4回/日給餌設定です。

そして、各時間ごとに2回転する様に設定してあります。

 

様子を見ながら、餌が足らない様子でしたらMANUALボタン

好きな時に餌を撒くことも可能です😊👇

ボタンをポチッ押しますと😳👇

ウィーンと言う音と共にタンク⁉️が回り始めパカっと蓋が開き餌が水面に落ちるという感じです‼️

 

実際に餌はこんな感じで餌が落ちます😁👇👇

 

餌が落ちる前👇

落ちた後👇

 

落ちる前👇

落ちた後👇

わかりにくいですが。。。こんな具合です☺️

 

実は、初めてMANUAL動作で確認した時は餌の出る調節を極力少ないにしていたのですが、水面餌まみれになってしまいました😭

 

餌が小さいので目で見てわかる隙間があると確実にかなり出てしましますので注意が必要です‼️

 

と言うことで現在は調節を完璧に閉じている状態です。それでも隙間からパラパラと出てくれるのでそれを利用しています‼️‼️‼️

 

 一番、大切な事は何度も出方を確認して設定する事です😊

 

使いこなせれば、サラリーマンには非常に強力な武器となります👐