サラリーマンが魚に夢を見る 〜ベーやんファーム〜

一般のサラリーマンが将来的にブリーダーになるまでの記錄

ベタの松かさ病治療のその後

先日、ペアリング中に調子を崩し、松かさ病の症状が出てしまったベタのその後について記したいと思います。

 

松かさ病の症状が出てしまったメス👇

 

 

治療としては、

 

1、エサ止め

2、塩水浴(0.5%の濃度)

3、塩水浴の水換え2日に1回(全量)

 

上記を行いながら様子を見ました。

 

そして、状態の回復⁉️

 

餌をくれ⁉️とアピールをする様になってから冷凍赤虫の給餌を再開しました。

 

給餌再開までに5日間ほどかかりました😳

 

給餌の再開には多少気を使います。

 

どうしても空腹なので、与えたら与えただけ食べてしまうので

 

再開時は赤虫を2匹ほど与えました。

 

ただ、あまりに少ない餌だと弱って行ってしまうので、

 

そこは給餌の回数でカバーしました。

 

通常2回/日(朝、晩)のところを4回/日(朝、昼、夕、晩)にして少量ずつ与えました。

 

そして、もちろん元気一杯になりました😊

 

👇👐👇👐👇👐👇👐👇👐👇👐

松かさ病の症状も全くありません😊

 

綺麗になりました‼️

 

しかし、、、

 

浮き袋の浸透圧の調整ができなくなってしまったのか。。。

 

ベリースライダーの様な泳ぎ方をする様になってしまいました😞

 

色々と考察をしてみましたが、やはり松かさ病の症状は現れましたが

 

本当の原因は内臓系の疾患だったのかもしれません。

 

ただ、通常に飼育していて、変化に早く気がつけれれば

 

基本的には塩水浴で救えるという事はベーやんファームでは自負しています😊

 

 

一番は病気にならない様に管理してあげる事ですけどね😁